本文へスキップ
神戸市西区で動物に関するお悩み・ご相談はやまびこ動物病院まで
Tel:078-975-8611

スタッフ紹介

院長
















田端 克俊 (たばた かつとし)

2001年 鹿児島大学農学部獣医学科卒業
2002年〜2009年
大阪府および兵庫県内の動物病院にて研修
2009年〜2012年
岡山県の山陽動物医療センターにて研修

2012年9月
兵庫県神戸市西区にてやまびこ動物病院開院

・学会発表等
7)過粘稠症候群が疑われた高γ-glob血症の猫の1例, 第36回動物臨床医学年次大会, 2015年11月
6) 診断にMicro-CTを用いて鼻腔内腫瘍が疑われたゴールデンハムスターの1例, 獣医学術近畿地区学会, 2014年10月

5) 上位小体機能亢進症の犬の1例, 神戸市獣医師会学術講習会(症例発表), 2014年3月
4) 好酸球増多症をともなった非再生性免疫介在性貧血(NRIMA)の猫の1例, 第32回動物臨床医学会年次大会, 2011年11月
3) 腹腔内出血がみられた副腎腫瘍の犬の1例, 第32回動物臨床医学会年次大会, 2011年11月
2) 鼻出血を主訴に来院した猫の免疫介在性血小板減少症の1例, 日本小動物獣医学会(中国地区), 2010年8月
1) 高カルシウム血症の鑑別診断に苦慮した犬の1例, 第30回動物臨床医学会年次大会, 2009年11月

・論文
1) 副腎腫瘍による腹腔内出血がみられた犬の1例: 田端克俊, 安川国美, 森下啓太郎, 植野孝志, 小路裕樹, 長屋有祐, 下田哲也, 動物臨床医学, Vol.21, No.4, 190-194 (2012)

 大学を卒業後、大阪、兵庫、岡山で研修を積んできました。そこでの出会いや学び、経験したことを活かし、地域のホームドクターとして動物たちの健康のサポートに努めていきたいと考えています。しかし、言葉を話せない動物たちの治療にはご家族の理解と協力が必要です。そのために私たちは「伝え合い、分かり合う。」をモットーに「対話」を大切にした診療を心掛けます。いつでもお気軽にご相談ください。


獣医師(嘱託)

中野 あや 動物行動クリニックなかの 所属
※行動医療担当
 

大学在学中に認知神経科学・動物行動学の基礎を学ぶ
2006年 獣医師免許を取得
神戸市内の動物病院に勤務
しつけやホームケアに力をいれ、パピーパーティ・飼い主向け講習会などを実施


 獣医動物行動研究会(行動医療)認定医の資格取得を目標に診療に当たっています。人も動物も大好きです。皆さんと動物との生活が、より楽しく暮らし良いものになるよう、お手伝いさせてください


動物看護士

富山(統一認定動物看護師)
 小さい頃から動物が大好きで、この仕事に就くのが夢でした。動物たちの気持ちに寄り添った看護が出来る様、日々勉強して頑張ります。よろしくお願い致します。

岡崎:(統一認定動物看護師)
 皆様に頼って頂ける動物看護師をめざし、日々努力していきます。お話大好きなので、気軽に話しかけて頂けるととってもうれしいです。

上野:(統一認定動物看護師)
 まだ未熟なところもありますが、皆様に安心して頂けるような看護ができるように頑張りたいと思います。


看護助手・受付

田端(瑞)
 
2頭の勝手気ままな14歳の猫と暮らしています。飼い主様から動物のお話聞かせていただくのが大好きです。どうぞよろしくお願いします

やまびこ動物病院やまびこ動物病院

〒651-2113
兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬36-12 ラ・ペジブル1F

※駐車場あり
Tel:078-975-8611

診察時間

月〜土曜日
 午前  9:00〜12:30 
 午後 17:00〜20:00

日曜日
 
午前 10:00〜14:00 

休診日

 火曜日・祝日

クレジットカード:各社対応

anicom

当院はアニコムどうぶつ健保対応医療機関です。